文字間と文字の行間を指定するCSS|Webデザイン独学

ここで紹介する「letter-spacing」と「line-height」は少し重要です。このスタイルを指定することでブラウザに表示している文字ズレを無くすことができます。指定しなかった場合、文字間や行間はブラウザ側で勝手に解釈されます。他の端末(エンドユーザー)から閲覧した場合に、文字がズレている事があります。その原因からレイアウトまで崩れることもあります。今回はそんなテキストを整えるCSSをお伝えします。

“文字間と文字の行間を指定するCSS|Webデザイン独学” の続きを読む

文字の斜体と太さのCSSスタイル|Webデザイン

ここでは文字の斜体と太さを変更するCSSについて説明します。文字の斜体を指定するスタイルとして「font-style」。文字の太さを指定するスタイルでは「font-weight」になります。斜体については、文字が少し斜めになる見え方をします。表現の一つですが頻繁に使うことは無いでしょう。一方、font-weightについては度々使います。文字の太さを指定するのでタイトルや強調したい文字にも使います。

“文字の斜体と太さのCSSスタイル|Webデザイン” の続きを読む

文字の書体を指定するCSS|font-family

フォントの種類を指定するスタイルは「font-family」です。WindowsやMac、AndroidスマートフォンやiPhoneで表示する際に、問題なく文字が表示できるように設定します。その場合に 標準でインストールされているフォントを指定することが一般的です。ゴシック体や明朝体など書体が変わるだけで文章の雰囲気も変わります。ここではfont-familyについて具体的な記述の書き方を説明します。

“文字の書体を指定するCSS|font-family” の続きを読む

文字のフォントや太さを指定するCSSスタイル|Webデザイン独学

前回に引き続きテキスト関連のCSSです。書籍や印刷物に書体があるように、ホームページのテキストにも明朝体やゴシック体を指定することができます。フォントはデザインの一部です。フォントによってサイトの雰囲気もぐっと変わります。ブラウザ上で表現できるフォントの種類は限られていますが、Webフォントと呼ばれるサービスも存在します。今回はテキストに関するSEOの話も交えながら説明していきます。

“文字のフォントや太さを指定するCSSスタイル|Webデザイン独学” の続きを読む

テキストに対するCSSスタイル |Webデザイナー独学

テキストに対するスタイルがいくつかあります。文字を大きくしたり色を付けたりと装飾することで表現方法も広がります。CSSではフォントを指定して書体を変更することもできます。そしてテキストのスタイルに関しては重要なポイントがありますので記述方法などコツを説明していきます。レスポンシブデザインについても少し説明します。

“テキストに対するCSSスタイル |Webデザイナー独学” の続きを読む