文字のフォントや太さを指定するCSSスタイル|Webデザイン独学

前回に引き続きテキスト関連のCSSです。書籍や印刷物に書体があるように、ホームページのテキストにも明朝体やゴシック体を指定することができます。フォントはデザインの一部です。フォントによってサイトの雰囲気もぐっと変わります。ブラウザ上で表現できるフォントの種類は限られていますが、Webフォントと呼ばれるサービスも存在します。今回はテキストに関するSEOの話も交えながら説明していきます。

“文字のフォントや太さを指定するCSSスタイル|Webデザイン独学” の続きを読む

テキストに対するCSSスタイル |Webデザイナー独学

テキストに対するスタイルがいくつかあります。文字を大きくしたり色を付けたりと装飾することで表現方法も広がります。CSSではフォントを指定して書体を変更することもできます。そしてテキストのスタイルに関しては重要なポイントがありますので記述方法などコツを説明していきます。レスポンシブデザインについても少し説明します。

“テキストに対するCSSスタイル |Webデザイナー独学” の続きを読む

装飾に便利なspanタグ!|WEBデザイナー未経験から学べる!

これまで紹介したHTMLタグにはそれぞれ役割があり意味を持っています。しかし中には意味を持たないHTMLタグの要素も存在します。その一つがspan(スパン)タグです。このspanタグには意味を何も持ち合わせていません。どちらかというとCSSの装飾のために存在するタグです。ここではそのspan(スパン)タグの使い方について説明します。

“装飾に便利なspanタグ!|WEBデザイナー未経験から学べる!” の続きを読む

CSSスタイルの適用方法とセレクタの種類|Webデザイナー独学

レイアウトやデザインを担うCSSには「セレクタ」と呼ばれる種類が存在します。そのセレクタに対してCSSを指定します。そうすることで文字の大きさを変化させたり、色を付けたりデザインすることができます。今回はそのセレクタについて紹介します。

“CSSスタイルの適用方法とセレクタの種類|Webデザイナー独学” の続きを読む

スタイルシートCSSの記述場所と適用方法!|Webデザイナー独学

スタイルシートはHTMLファイルとは別に外部ファイルを作成します。その他HTMLファイルへ直接記述する方法もありますが、外部ファイルとして記述する方が良いとされています。ここではスタイルシートの適用方法と位置関係を説明します。

“スタイルシートCSSの記述場所と適用方法!|Webデザイナー独学” の続きを読む